地方移住計画

東京の会社員が地方移住を実現するまで

私がCOMSAのICOに応募しない、たった一つの理由

広告

 

いろいろ考えた結果、COMSAのICOには応募しないことにしました。

 

 

f:id:jazzpianotrio:20171026220933j:plain

 

 

誤解のないように言っておくと、COMSA自体にはものすごく期待しています。日本初、海外でもまだ数の少ないICOプラットフォーマーとして、どんな世界を見せてくれるのか、ほんとにワクワクしています。できることなら私も投資家として関わりたい。

 

だけど、ホワイトペーパーをよく読み、よく考えた結果、今回のICOについては静観すべきと判断しました。

 

COMSAのICOに応募しない理由

 

決定的だったのは以下。

 

トークンセール終了時、トークンセール参加者分と同数のトークンを足した数を以て、総発行数はそこでロックされる。言い換えれば、申し込み数を100とした場合、もう100が追加発行されることとなる。

 

この追加発行された100を分母として、そのうち10%がトークンセールのリフェラルボーナスとして紹介者に配布され、40%は既存のテックビューロ経営陣、ステークホルダー、開発者、従業員、契約社員、そしてCOMSA ICO協議会運営に配布される。50%はテックビューロが保持し、将来の開発、将来の配布、マーケティング、パートナーシップ、報酬、事業拡大などにあてがわれる。

 

結果として、総発行量全体の55%がトークンセールの貢献者に配布されることとなる。

 

(COMSAホワイトペーパーより)

 

これが何を意味するかというと、ICOで受け取ったトークンは、そのセール終了と同時に価値が55%になるということです。

 

もちろんトークンが上場されれば、あとは市場の原理で上がる可能性も十分にあります。だけど上記の理由から、私は上場後、しばらくの間はこのトークンの価格は低迷すると予想しています(しかもいつ上場するかも書いてない)。

 

経営陣はなぜこのような設計にしたのか、理由を知りたいところです。

 

 

以下も重要なヒントです。

 

10万ドル相当以上の暗号通貨を以てCMSのトークンセールを希望する者は、個別に20%ボーナス付きのプレセールに参加することができる。

 

また、トークンセール中には以下のタイムボーナスが適用される

 

+14%ボーナス 10/2 14:00 – 10/4 14:00(JST)
+10%ボーナス 10/4 14:00 – 10/11 14:00(JST)
+5%ボーナス 10/11 14:00 – 10/25 14:00(JST)

 

(COMSAホワイトペーパーより)

 

タイムボーナスはICOの知名度を上げ、参加者を増やす目的もあるかとは思いますが、上場後、値上がりが期待できる場合はこのようなボーナスは出さないんじゃないかと思うんですよね。経営陣の方はしばらくの間トークンの価格が低迷することを予想していて、そうなってもホールドしてもらえるようインセンティブを与えている、そのように解釈しています。

 

ということで、COMSAに投資するのであれば価格が下がった後、実績が出始めた頃にすべき、というのが今の考え方です。

 

トークンセールの成果

 

一方、現時点のトークンセールの成果はというと、調達額はすでに100億円に迫る規模に。みんなすごいトークン買ったんですね。資金調達の点では完全に成功ですね。VCとか銀行から100億調達するの、めちゃくちゃ大変ですよ。。。

 

 

今後に注目! 

 

さて、この壮大なプロジェクトがどうなるか、見守ろうじゃありませんか。

 

ちなみに暗号通貨やトークンの価格って当てるのすごく難しいので、あまり期待しないで下さいね。答え合わせは半年後、はずれたら笑ってやってください。

 

本記事読んで、それでも買いたい!という方は以下からどうぞ。