地方移住計画

東京の会社員が地方移住を実現するまで

Facebookアプリ消しました

広告

FacebookアプリをiPhoneから消しました。ブラウザのブックマークも消しました。そこに至るまでの思考を綴っておこうと思います。

 

f:id:jazzpianotrio:20170731235432j:plain

 

 

有益な情報が全くない。

 

まずはなんと言ってもこれ。Facebookのタイムラインが有益な情報で溢れてる人って、果たしているんですかね?

 

友人が飲み会でピースしてる写真ですらどうでもいいのに、知らない人がシェアしたニュースを友人が「いいね!」したのまで流れてくる始末。知らんがな。。。

 

友人の転職、独立、起業、結婚、出産だけ知れればいいのだけど、そういう機能つけてくれないかな。。。

 

時間泥棒。

 

もう一つは、スマホのアプリをインストールしてしまうことによる時間泥棒。スマホって、多くは無意識のうちに手に取ってしまうもので、手に取ると無意識のうちにいろんなアプリを起動してしまうんですよね。

 

で、その中にFacebookがあると、面白い情報はないと分かっていながらもタイムラインをスクロールしてしまう。

 

で、友人が飲み会でピースしてる写真を見せられたり、どうでもいいゴシップ記事をクリックしてしまい、無力感だけ残る始末。。。

 

見たいときはググる。

 

なので、アプリもブックマークも消して、見たいときはググることにしました。アプリもブックマークもないと、面白いくらい見なくなるんですよね。ググるの面倒なので。おかげで日常生活からノイズが減って、とても快適になりました。

 

テレビをダラダラ見るのはムダだと気付きやすいけれど、スマホは無意識のうちに時間を浪費してしまうので本当に注意が必要です。

 

一日の時間のうち、そういうノイズをどれだけ減らして、思考やアウトプットする時間をどれだけ増やせるか、が一年後に残酷なくらいの差となって現れるなぁ、と最近強く感じています。インプットするならスマホよりも読書がいいですね。読むのに時間がかかるので、自然と思考しやすいです。

 

Facebookは友人と連絡を取り合うのには便利だったり、アカウントがないと使えないサービスもたくさんあるので、アカウントまでは消さないけれど、当面はこのスタンスでFacebookとの距離感を保ちたいと思います。