地方移住計画

東京の会社員が地方移住を実現するまで

【保存版】Snapmart、写真AC、Shutterstock、Adobe Stockを比べてみたよ

広告

※本記事でまとめている各社のストックフォトサービスの特徴は、筆者個人の体験によるものであり、情報の正確性を保証するものではありません。最新の正確な情報につきましては、各社ウェブサイトをご確認頂くようお願いします。

 

ストックフォトデビューして半年になるので、いまお世話になっているサービスの特徴をまとめてみました。始めるときにはいろいろな記事を調べましたが、こういう形でまとまっているサイトはなかったのでお役に立てれば嬉しいです。

 

それではどうぞ!

 

f:id:jazzpianotrio:20170213002747j:plain

 

 

ユーザー側

  

  写真AC Snapmart Shutterstock Adobe Stock
1ダウンロード価格 無料 100〜2000円 詳細はこちら 詳細はこちら
写真点数 27万点  1億点  6000万点

 

ダウンロード無料の写真ACが目立ちますが、一日あたりの検索が5回しかできなかったり、ダウンロード時に15秒ほど待たされたりと、ユーザーに意図的に不便を強いています。月額616円のプレミアム会員というものがあり、こちらに登録すると検索回数やダウンロード時間の制約が解除されます。

 

クリエイター側 

 

  写真AC Snapmart Shutterstock Adobe Stock
運営会社国籍 日本 日本 米国 米国
1ダウンロード報酬 2.75円 50〜1400円 0.25$〜 107円〜
価格設定 不可 可能  不可  不可
 売れやすさ 売れやすい 売れにくい  売れにくい  売れにくい
 審査 あり(緩い) なし  あり(厳しい)  あり(厳しい)
 審査完了までの時間 1日後 即時  1〜3日後  1〜3日後
アップロード可能端末 PC・スマホ(WEB) スマホ(アプリ)  PC・スマホ(アプリ)  PC
複数アップロード機能 なし あり  あり  あり
自動タグ生成機能

あるが精度低い・無制限に生成

あるっぽい?  なし

あるが精度低い・5つ生成

 タグ入力入力補助

コピペで複数タグをまとめて入力可能

最近入力した履歴から入力可能

類似作品のタグから複数タグをまとめて入力可能

複数写真同時に同一タグ入力可能

 タグ言語 日本語 日本語  英語  日本語・英語
 登録写真枚数表示 あり なし  あり  あり
 PV機能 あり あり  なし  あり
 フォロー機能 あり なし  なし  なし
 いいね!機能 あり あり  なし  なし

 

上記を見て頂くと、各社特徴にかなり違いが見られるのが分かります。以下にざっくりとした特徴をまとめてみます。

 

写真AC

ユーザーにとってダウンロードが無料なため、クリエイターにとって最も短い時間で成果が出やすいのがこちら。ただ1ダウンロードあたり2.75円なので、まとまった収益を得たいのであればニーズにマッチした写真を相当量、アップする必要があります。ランキングの仕組みが充実しており、モチベーションは維持しやすいです。

 

Snapmart

2016年6月に始まったばかりのサービス。8月にはあのPIXTA傘下に。アプリの使い勝手がとにかく素晴らしく、メルカリを彷彿とさせるユーザビリティです。通常の写真以外に「コンテスト」という仕組みによって、写真が欲しい企業と、お金と承認欲求が欲しいユーザーをつなげている点がユニークです。写真の販売状況を見るとまだ赤字ではないかと推測していますが、まとまったお金を持っている企業からの引き合いがもっと出てくればマネタイズも上手くいきそう。社長さんが銘打っているビジョンが素晴らしいので、いちクリエイターとして今後もともに歩みたいと思います。

 

Shutterstock

言わずと知れた世界最大級のストックフォトサービス。審査は厳しいが早く、また審査さえ通れば売れやすいと評判です(私は開始3ヶ月でまだ1枚しか売れていませんが)。写真のクオリティは息を飲むほどであり、個人的にはストックフォトの中では最高レベルだと感じています。WEBやアプリの登録画面も洗練されており、使い勝手が良いです。承認された写真を「セット」と呼ばれる箱にわざわざ入れないと売れない点だけが不便。

 

Adobe Stock

Shutterstockのライバル。審査のレベルはShutterstockと同レベルですが、Shutterstockでは通ったものが通らなかったり、その逆もあります。単価がShutterstockよりも高いのが魅力で、私の経験では1枚で248円入って来たものもありました。「複数写真」に対して同一タグを入力することはできますが、1枚の写真に「複数タグ」を入力できないのが不便。

 

以上です。またアップデートあれば追記していきますね。