地方移住計画

東京の会社員が地方移住を実現するまで

2016年に読んで良かった本ベスト3

広告

 

今年読んで、価値観を大きく揺さぶられた本を紹介しちゃいますぞ。

 

f:id:jazzpianotrio:20161231013712j:plain

 

第1位 まだ東京で消耗してるの?

 

 

自分の価値観を大きく変えてくれた一冊です。この本を読んだ5月以降は地方移住のことばかり考えていたなぁ。これがきっかけでブログも再開したし、スモールビジネスも始めたし、福岡には2回も行ってしまったし、行動が大きく変わりました。来年はさらに夢を現実に近づけよう。

 

第2位 自分の時間を取り戻そう

 

自分のお金や時間の使い方を根本的に見直すきっかけとなった一冊。今の日本人が直面している問題の多くが「生産性」という切り口を説明しているのはお見事というほかないです。「これから使う1時間は自分に何をもたらすのか?」「これを買うのに使う10,000円は自分に何をもたらすのか?」を強く意識するようになりました。

 

 

第3位 悩みどころと逃げどころ

 

 

今後も、進むべき方向に迷ったらぜひ読み返したい一冊。世間で模範解答とされている生き方をしていても必ずしも幸せでなかったり、メチャクチャな人生でも楽しかったりするのは、本人の納得感がポイントだということに気付くことができました。そしてその納得感も、アタマの中であれこれ考えていても得ることはできず、がむしゃらに行動し続けることでしか得られないという指摘もあり、絶えず自分に変化を起こし続けることの大切さを学ぶことができました。

 

さいごに

 

今年はあまり本を読むことができなかったけど、やっぱり読書はいいものですね。良い本との出会いは確実に自分をアップデートし、新しい景色を見せてくれます。来年はもっとたくさん読みますぞ。