地方移住計画

東京の会社員が地方移住を実現するまで

Shutterstockで審査に通る写真、落ちる写真

広告

 

Shutterstockには10月から本格的に写真をアップし始めました。

 

でも審査が厳しくて全然通らなくて、11月9日にやっとのこと最初の1枚が通過しました。現在は21枚中4枚が通過しています。

 

で、やっているうちにShutterstockが嫌がる写真が分かってきたので、今日はそのお話。

 

審査に通った写真

 

これです。

 

f:id:jazzpianotrio:20161124232108p:plain

 

ここから買えます。

 

審査に落ちた写真

 

これです。Shutterstockには落ちたけどiStockには通ったので、iStockのロゴが入ってます。

 

f:id:jazzpianotrio:20161124232414p:plain

 

ここから買えます。

http://www.istockphoto.com/jp/ストックフォト/rose-gm623294152-109269233?st=_p_109269233

 

2枚の写真の違い

 

お気づきでしょうか?

 

そうなんです、1枚目の写真は、2枚目の写真を明るく露出補正しただけなんです。その証拠に、2枚目の写真をShutterstockに提出したときのコメントがこちら。

 

f:id:jazzpianotrio:20161124233129p:plain

 

Shutterstockでは明るい写真を提出しよう

 

ということで、Shutterstockでは暗い写真が嫌われることが分かりました。落ちた理由がフォーカス等のときは挽回は難しいけれど、露出だけであれば再チャレンジできることが分かりますね。

 

露出はレタッチで修正できるので、撮影時はあまり気にせず撮って、アップする際にしっかり調整するのが良さそうです。

 

通過率100%になるようにがんばろ。また発見があり次第レポートします!