地方移住計画

東京の会社員が地方移住を実現するまで

#181 自由に働くために必要なたった一つのこと

広告

f:id:jazzpianotrio:20160525002858j:plain

 

前回の記事で、私が目指したいライフスタイルやワークスタイルに以下5点を挙げました。

 

 

1.会社に雇われなくても生きていける力をつけたい

2.遊ぶように働きたい

3.場所と時間を選べる働き方をしたい

4.豊かな自然の中で暮らしたい

5.新鮮で安い食材を毎日の食生活に取り入れたい

 

難しいのは?

 

言わずもがな、1から3です。

 

1.会社に雇われなくても生きていける力をつけたい

2.遊ぶように働きたい

3.場所と時間を選べる働き方をしたい

 

4と5については、これだけであれば実現するのは簡単です。さっさと地方移住してしまえばよいのだから。

 

4.豊かな自然の中で暮らしたい

5.新鮮で安い食材を毎日の食生活に取り入れたい

 

1から3を実現するために必要なことは?

 

これは非常にシンプルで、「自分のファンを増やすこと」です。お金を稼ぐためにはファンが必要と書くと露骨なのですが、これは事実で、

 

ファンがたくさんいれば、自分の文章、イラスト、音楽等を販売することができます。

ファンがたくさんいれば、プラットフォームとしての価値が上がり広告料が入ります。

ファンがたくさんいれば、紹介した商品から紹介料が入ります。

ファンがたくさんいれば、仕事を依頼されることもあります。

 

と、自分が提供している価値が様々な形で対価に変換されるわけです。加えてこれがウェブメディア上にあれば、自分が働かなくても対価が頂ける訳ですから、とても相性が良い。

 

一方、資格やら不動産といったものについては、収入に結びつくものもあるけれど、前者は雇われなければならないし、後者は初期投資がかさむし、「自由に働く」こととは対極にあるように思います。

 

なのでやっぱりファンを増やすことが重要です。そしてウェブメディアにおけるファンとは「フォロワー」のことです。

 

フォロワーを増やすためにやるべきことは?

 

これはシンプルで、「とにかくコンテンツを生産し続けること」しかないと思ってます。

 

コンテンツというのはブログの記事であったり、Twitter上の自分の意見であったり、Instagramの写真であったり、Youtubeの動画であったり、Newspicksのコメントもそうですよね。要するに「他の人にとって価値のあるもの」です。

 

価値を量産し続けると、そのうち自分に興味を持ってくれる人が出てきてくれて、自分をフォローしてくれます。

 

フォロワー数を目標にしてはダメな理由

 

一方で難しいのは、フォロワー数が大切だからと言ってフォロワー数を追求してはいけないということです。

 

なぜかと言うと、フォロワー数は自分でコントロールできないからです。フォロワーはあくまで自分がコンテンツを生産した結果、生まれるものです。

 

なので、むしろ目標にすべきは「コンテンツの生産量」です。コントロールできるものを目標にすべきです。

 

私は今後、はてなブログ、Twitter、Instagram、Newspicksの4つのメディア上でコンテンツを生産していきます。

 

4月末時点のフォロワー数は以下の通り、ほぼゼロからのスタートです。しょぼい!

でもこれが今後どのように伸びていくのか、とても楽しみです。

 

Twitter 3人

Instagram 0人

Newspicks 28人

 

今月から月次目標の生産量を決めて、月末のフォロワー数も報告していこうと思ってます。がんばります!