地方移住計画

東京の会社員が地方移住を実現するまで

#71 バークリーday43 前半戦総括 6週間の留学で感じたこと

広告

f:id:jazzpianotrio:20140701091133j:plain

 

今日から後半戦に突入するので、前半戦の総括をメモ。

 

●できたこと

 

・世界中に友達ができた

これは今回の留学の一つの目標でもあったので本当に嬉しい。国籍で言うと、メキシコ、シンガポール、中国、アメリカ、ニュージーランド、エクアドル、香港、インドネシア、スイス、ブラジル、台湾、インド、コロンビア。ワールドカップの出場国がほとんど揃いそう。将来、彼らの国を旅するときに案内してもらうのがとても楽しみ。

 

・英語は大きな問題なし

音楽の勉強をしに来ているわけだけど、実は英語の強化も一つも目標。ネイティブの英語はまだ70%ほどしか理解できないけれど、授業に支障をきたすほどじゃない。相手がネイティブでも物怖じすることなく、友達がこんなにできたのも英語力のベースがあることがとても大きいと思う。フィリピンで勉強してきて本当に良かったと思う。発音もしっかり強化してきたから、相手に聞き返されることもなく、ちゃんとコミュニケーションがとれている実感がある。大学の授業を英語で受けているので、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディングがバランスよく強化されている感覚もある。

 

●できてないこと

 

・アンサンブルをやってない

授業外のアンサンブルはまだ1回しか行っていない。これは想定外だった。ベーシストがなかなか見つからないのも一つの理由だけど、バンドやセッションをたくさんやっている人はいるので、自分の行動力の問題だと思う。幸い今週セッションに誘われているので、これを機にもっともっとネットワーク広げて演奏のチャンスを増やしたい。

 

・ライブに行っていない

行ったイベントは、今のところWally's Cafe、ジャパニーズフェスティバル、ワールドカップ観戦、シルクドソレイユと、ライブに行っていない。後半はNYツアー、先生のライブ、Prudencial Tower最上階のライブなどなど、目一杯詰め込みたい。

 

・高度な内容を学んでない

音楽理論の授業が簡単すぎて物足りない。自分の演奏がもっと向上するような内容を勉強したいので、後半は先生にオススメのテキストを聞いて調達して、自分で勉強しようと思う。

 

・ソロのレパートリーがない

音大なので、友達から「なんか弾いて」と言われることが多いのだけど、セッションばかりやってきたからソロのレパートリーがないことに気付いた。ちょうど気に入った曲を見つけたので練習中。